相棒さんぽ

人生で1度は行っときたい九州の観光地を相棒と行くよ。あとディズニー

【部下の育て方 】退職者を減らすために優秀な部下を育てましょう。

 

どーも、僕です。

 

今職場で部下を抱えている方々。

どのように指示を出せば良いのか?どうやったら自発的に動いてくれるのか?

いろいろ頭を抱えてしまうことって多いですよね?

 

そんな方へ少しでもお役に立てるよう、実際に優秀な部下を育てた経験を活かし書いていきます。

 

 

 

まずは部下を見分けること

 

人当たりがいい人、事務的な人、指示を的確にこなす人。

部下の個性はこのように様々ですよね?

 

それぞれの個性を持った部下達がいるのに、あなたが1つの方向性で優秀な部下を育てることは不可能です。

 

わかりやすく具体例を上げてみましょう。例えば指示を的確にこなす人。

このような人の能力を上げたいのであれば、あなたは管理型になることです。

 

私はどちらかといえば以前まで部下全員に対して自分でやりたいことをやってほしい放任主義者だったのですが、このやり方では指示を的確にこなす方の部下は育ちませんでした。

 

試行錯誤の末、このような部下に対してはしっかり動きまで管理して1つ1つに指示を出すようにしました。

すると以前よりも伸び伸び仕事をこなすようになり、成績上がってきたのです。

 

このような部下はあなたの指示を待っています。

放任せずしっかりとコミュニケーションを取り、1つ1つに指示を出してあげましょう。

 

では自分の意見を出す部下、自分で行動するのが好きな部下にこの管理型を適用するとどうなるでしょうか?

 

おそらく別の会社へ旅立つでしょう。

 

このような自分の考えを行動に移す部下は、大変貴重です。

もちろんまだ知識の浅いうちは失敗ばかりでしょうが、育てていくうち最も頼れる部下になることは間違いありません。

 

このような部下に対しては「会社や他人に迷惑をかけない範囲で、お前が一番いいと思う行動を取れ」という指示を出しましょう。

もちろんしっかりと行動は把握し、明らかに間違っていることがあれば間違っている根拠も伝えた上で指摘することです。

 

全ての部下を管理したいと思う人は非常に多いです。

その方が安心できるからです。

 

もしあなたが管理型であれば、このような部下に対してはどうか自分を抑え、部下の行動を信じて自由に行動させてあげて下さい。

 

 

このようにそれぞれの個性に合わせた指示を出すことがまず重要です。

 

 

あなたが変わること

 

そもそもどんな指示を出したとしても、あなたがしっかりとしていなければ部下は育たないでしょう。

見えないところでサボっていませんか?言ってることとやってることが違っていませんか?人の粗ばかり探していませんか?

 

案外うまいことやってるつもりでも、部下は全てお見通しです。

おそらく部下の間では「ま〜た〇〇さん、うまいこと言っちゃってるね」と陰口を叩かれているのがオチです。

 

あなたの周りにもそのような上司はいませんか?そのような上司に自分がなっていないかしっかりと考えてみて下さい。

 

自分が育っていないのに部下は育たいなんて、そんな虫がいい話はありません。

 

でもやっぱり人間は弱い生き物です。いくら頑張っていても、誰も見ていないときにはずるい考えも浮かんできてしまうのです。

 

このような時、僕が行っている良い考え方があります。

 

自分を子供目線で客観的に見るのです。

 

これはどういうことか?

今自分がとっている行動や考え方を、自分の息子や娘に見せたいか?と、自分に問いただすのです。

たとえ子供がいない人でも使えます。僕もまだいません(笑)

 

このような問いを自分にすることで、ある程度間違った行動はしないはずです。

この考え方を常に頭の中に入れ、まずはあなたが変わる努力をして下さい。

 

 

正しい評価を下す

 

部下が1番不満に思うことって知っていますか?

これは自分では気づいていない人も多いですが、一番不満を感じるのは正しい評価をしてもらえない時なのです。

 

例えば部下が役立つ案を持ってきた時、ちゃんと特別に褒めていますか?

成績がずば抜けているのに、他の人とあまり変わらない給料になっていませんか?

 

このようなことが疎かになっていると、部下の不満は膨らんでいきます。

実際に私も経験しました。

 

あなたはあなたの仕事で忙しいと思います。

でもその仕事はいずれ育った部下が助けてくれるようになります。

 

あなたを助ける頼りになる部下を育てるためには、まだ役に立たない新人のときからしっかりと見て上げることです。

そして気の利いたことや成果を出したらしっかりと褒めてあげて下さい。

 

私は必ず部下全員に対して、1日1回褒めることを徹底しています。

その効果もあってか私が上に立つようになってから1人の退職者も出していません。

 

退職者が多くて悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

以上になります。

ほとんどの人が人生の半分近くは仕事をしているので、そうせするならみんなが満足できる関係を作ることが重要です。

 

仕事が嫌だと感じている人も、みんなが同じ方向を向き一致団結すれば自然と明るい職場を作ることができます。

 

そのためにはまずはあなたがはじめに変わり、きっかけを作っていく人になって下さい。

 

会社を変えるのは、他でもないあなたです!